京都光華女子大学   「日本の伝統文化入門」


平成19年度(2007)〜平成21年度(2009) 

授業の主旨
 日本の伝統文化の中から、特に芸能分野を中心に、動画教材を通じて実際の演目に親しみながら、それぞれの時代と分野の美意識・精神を学び、日本の伝統分野の真意を理解することを目的とします。
 芸能分野の中から、能楽・狂言・歌舞伎・文楽等を取り上げ、それぞれの基礎知識と見所を、ポイントを絞って伝授いたします。またそれらの核となる「幽玄」「意気」「情理」といった美意識や、師から弟子への厳しい修業と稽古の姿、襲名による芸の継承。「守・波・離」といわれる伝統の中での創造革新、型の中での自己表現など、日本の伝統文化ならではの崇高な美の姿を考察いたします。
 この授業を通じて、本学の卒業生として、あるいは日本人として、これだけは知っていただきたいと思われる基礎的な知識と鑑賞眼を身につけていただき、真に美しい人となっていただきたいと祈る次第です。


授業計画 
テーマポイントビデオ等
1.ガイダンス日本の伝統文化の特質「道」
2.能楽 01能とは船弁慶@ 前シテ
3.能楽 02能の見所船弁慶A 後シテ
4.能楽 03世阿弥の花風姿花伝 講義
5.歌舞伎01歌舞伎とは団十郎パリ公演  勧進帳
6.歌舞伎02歌舞伎の見所勘三郎NY公演 @
7.歌舞伎03歌舞伎の美学勘三郎NY公演 A
8.文楽 01文楽とは義太夫と三味線と人形遣い
9.文楽 02文楽の見所首(かしら)・人形こしらえ
10.文楽 03文楽の技術時代物・菅原伝授手習鑑
11.文楽 04文楽の情理世話物・曽根崎心中
12.狂言 01狂言とは茂山千五郎家@ 一門紹介
13.狂言 02京都の狂言茂山千五郎家A 棒縛り
14.狂言 03東京の狂言野村万作・萬斎 創作実験狂言
15.まとめ  日本の伝統芸能の特質「有情」
期末定期試験

評価方法・評価基準
1. 評価方法:
1)ミニレポート:毎回の授業の最後に、今日の授業を通じて、学んだこと、気づいたこと、感じたことを、書き込んで、提出していただきます。出席表ともなります。それらを縮小コピーして次週に配布します。受講者の皆さんの学んだ内容を相互に共有することができます。
2)レポート:   日本の伝統文化の中から小さなテーマ「サブテーマ」を設定して、取材・分析してA4×3枚程度(+表紙)にまとめて報告。書式不問。手書きまたはワープロどちらでも。
3)期末試験:  この授業で学んだ基本的な重要事項について、読み方、意味、分野を答えていただきます。
         この授業を履修した証として、基礎知識の理解を問います。

2. 評価の方法:受講態度10%(+毎回のミニレポート)、出席率30%、レポート30%、期末試験30%、


教科書:
 毎回のレジメと基本資料等は、教室で配布します。各自でファイリングしてください。




●「プロフィール」へ ●「創造」へ ●「研究・論文・執筆」インデックスへ ●「教育」インデックスへ
●「伝統未来創造研究所HP」トップへ