とっておきの時間と空間と御話で  日本の伝統文化の本物を学ぶ  探訪見学講話型の特別授業
伝統未来塾  「長楽館の世界」 
 受講者の報告感想文

第5回「長楽館の世界」
日時:2004年05月27日(木)10:30〜12:00
講 師:土手 素子 (どて もとこ) 氏
場 所:長楽館 (東山区祇園丸山公園)

 過去、日本の「何とか王」の建物は何度か拝見させていただいた記憶があるのですが、「どうもいけませんなあ」というのが正直な感想でした。しかし日本のたばこ王・村井吉兵衛氏の邸宅「長楽館」は、アメリカ建築家ジェームズ・ガーディナー氏の指揮の下、ロココ調を始め様々な様式の構造が室内の装飾と一体になり、大迫力の摩訶不思議な統一感となって、村井氏の魔方陣中に引き込まれてゆくような幸せな感覚に包まれてゆくように設計されているようです。それは、土手さまの魅力溢れるお話に負う所も大なのでしょう。
 本当に今日は良い日でした。今後も、この様な企画を、大変でしょうか、よろしくお願いいたします。
  50歳代 男性   (京都府)


 今日は、ガーディナー設計による「長楽館」を探訪させていただくということで、楽しみにしておりました。
 新緑の美しい五月の一日、日頃の喧騒を離れて、豊かな時間を、岩崎先生のお陰で堪能することができ、ありがとうございました。
 ご案内の土手さまもとても優雅で、知識豊富で、興味深く説明していただけて、本当に嬉しかったです。
 このような素晴らしい状態で、動態保存なさっていらっしゃるのは、並み大抵のことではなく、「偉業」だと思いました。幼少の頃より憧れていた洋館の建物に、直に上がらせていただけて、なおさら感動を新たにいたしました。気楽に喫茶室として利用させていただける私達は幸せです。
 よきものを後世に伝えて、利用できるようにされて、感謝申し上げます。
  50歳代 女性   (京都府)

 


文責・著作権:伝統未来創造研究所