1.内井昭蔵建築設計事務所で担当した建築作品
Works ,committed as a member of the office, S.Uchii Architect & Associates :
岩崎 正弥
Masaya iwasaki
 国立大学共同利用機関 国際日本文化研究センター (文部省)
The International Research Center for Japanese Studies, (the Ministry of Education)
(8910〜9009)(9306〜9406)
所在地 :京都市西京区御陵大江山(桂坂) Katsurazaka Nishikyo-ku, Kyoto City
敷地面積:31,132u、延床面積15,435u
総工事費:60億円、工期:8905〜9406
施  工:青木建設

 梅原猛初代所長及び桑原武夫、林屋辰三郎の発意、中曽根首相の推進で創設された日本学の拠点。通称「日文研」その図書館の現場常駐監理主任を担当し、全体に展開してゆく詳細デザインを取り纏めた。京都研究所長として監理を統括した。
 
 吹上新御所 (宮内庁)   The Imperial Residence (the Imperial Household Agency)
(9010〜9305)
所在地:千代田区千代田1-1(皇居内吹上御苑)
Fukiage Section, Inperial Palace ,Chiyoda-ku ,Tokyo
敷地面積 不詳、  延床面積4,940u
総工事費 56億円、工期:9110〜9303
施工:大林・清水・竹中・大成・鹿島JV

 天皇皇后両陛下および紀宮殿下の新住居。  3人の担当者の一人として、計画から竣工まで約3年間従事。調査として新宮殿を始めとする貴賓施設を視察体験。現場では屋根・建具・照明デザインを担当し、最高の技術・材料を堪能させていただいた。

 京都和風迎賓施設基本計画 (総理府)
 The State Gesthouse Kyoto (the Prime Minister's Office)
(9410〜9603)
所在地:京都市上京区京都御苑内(饗宴場跡)
敷地面積:20,000u  延床面積:16,000u
総工事費:21億円(概算要求額・総額未定)
 基本計画を総理府のもとで担当。その後プロポーサルコンペで設計者は日建設計名古屋に決まり、2001年着工、施工中。2005年竣工・開館。

●「コンセプト」へ ●「研究」へ ●「教育」へ ●「プロフィール」へ